2018年2月5日月曜日

2018・立春の主菜

節分が終わり、暦は立春を迎えました。

二十四節気では一番の暦で新年にあたります。

占いや厄年なども節分を境目に年が変わるようです。

立春は、2月もまだまだ寒いですが、12月や1月など寒かった時期がようやくすぎて「これから少しずつ温かくなって春らしくなっていきます」という意味です。

暦の上では春かもしれませんが、実際にはまだまだ寒さ厳しい時期です。

胃腸炎やインフルエンザもものすごく流行っているようで用心が必要です。



立春の主菜は、すだち鶏のピカタ・チリマヨソースです。
すだち鶏は、餌にすだちの粉末を入れて育てた徳島の鶏肉です。
過度な抗生物質や抗菌剤を与えていません。
身質が柔らかくとても美味しい鶏肉の胸肉を使っています。

チリマヨソースは、自家製のスイートチリソースと自家製のマヨネーズを合わせて作りました。
辛さ控えめにしてレモンを効かせています。

無農薬のパセリを混ぜ込んだ卵液につけてふんわり焼いています。


とてもシンプルな味わいですが1つ1つこだわって丁寧に作っています。

素材に感謝して良さを生かすことが私の仕事です(*^_^*)

少しでもそれが伝わると嬉しいです。

こちらは17日までの主菜です。
オーダーを受けてからじっくり焼きますので少しお時間頂きます。


先週好評だった米粉のガトーショコラも焼いています。
他にも色々おやつ焼いております(*^_^*)

今週も寒いようですがお野菜たっぷりの暦ごはんを食べて体調整えましょう!


0 件のコメント:

コメントを投稿